2010
06.29

今日はシソ ^m^。

Category: 自家製・・・
去年役員の時に、はじめて飲ませて頂き、存在を知った

         赤しそジュースに挑戦。。。。。

             料理


   そう。。。ぱらぱらとめくっていたこの本にもありました。

その前にちょっと。。お勉強 。

   いえね・・・赤シソジュースってすごいのです。。。
色々見て訳わからなくなるくらいの効能の数々。。。
    (良いように自己解釈していて、間違っていたらごめんなさい。w)

  赤シソジュースには・・・・

αリノレンという物質が入っていて、抗酸化作用があります。 

  アレルギーの抑制(アトピー性皮膚炎や、鼻炎など。。。)

もうひとつ栄養成分ロズマリン酸は炭水化物の取り過ぎを防ぎ、肥満防止にもいいといわれています。
  中性脂肪。体脂肪を減少 (糖と脂肪の消化・吸収を抑える)として、ダイエットに注目されています。(利尿・発汗を促す)カリウムも多く含むので(水太り)を解消します。

栄養としてビタミンやミネラルが豊富に含まれている。
生体調節作用があって、免疫力強化や貧血、冷え性や低血圧、肩こりの緩和 、白髪予防にも役立つとされています。
  血液サラサラ~ 老化を予防し心筋梗塞を防ぐ

 その他にもまだまだ 血糖値降下作用  皮膚のテカリを抑制 

           抗菌・防腐効果を持っているので(食中毒を予防)
           ガン予防 動脈予防 貧血予防。。。 

このように、赤しそは昔から薬効成分に注目。(青ジソは栄養価が高)
  
    色々あるんですね~おどろきました。

すごくないですか?(あちこちからの引用で重複しているところもありますが。。。)

赤しその葉の爽やかな香りと、ほのかな酸味。ピンク色のかわいい飲み物がこんなに素敵な飲み物だなんて^^

これを見たら作らない理由はないでしょう・・・・
     え?どの効能を期待しているか?ですって?^^

   それは・・・あれと・・・あれと・・・あれもでしょう~^^


     そろそろ色々な事が気になるお年ですから~


ただ・・・赤しそは、ビタミンAが豊富に含まれている食材で、皮膚や粘膜を健康に保つ作用があり、発ガンを抑えることが確認されていますが、過剰に取りすぎるとよくないので注意して下さい。

と注意書きもありました。
  ま・・・なんでも、やり過ぎはダメですから。。。ne

    





スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top