2015
04.30

リベンジ成功 いたどりの調理。

Category: クッキング~
再び・・・・早速ゲット。。。。。
     P4241784.jpg

いや・・・いくらでもありはするのですが・・・・

時期って物がありますからね。
仕事場の方に、失敗・・・・の話をすると、帰る頃に採って置いてくれました。
そして、自分ではやったことはないが、

「ばぁちゃんは・・・・と」

何となく見聞きしたことを教えてくれました。

まず。皮をむきます。
     
食べなれた方は、いたどりの酸味も味のうち・・・・と思われるでしょうが、
ぱぱさん、くま君のをもらうには、酸味は無くさなければなりません。
先日おすそ分けで食べたものは、酸味は全然ありませんでした。

ま、ゴウヤの苦さをどこまで残すか・・・って事と同じですね。
我が家も以前は、塩もみしていましたが、今ではやっていません。

私は皮をむいて、すぐに茹でたのですが、一日水に浸すのだそうです。
ネットでは塩もみをすると書かれている方もいました。

そして、前回はお鍋サイズで茹でたのですが、
     P4221783.jpg

いたどりには、竹の様な節があります。
     P4241785.jpg
            こんな感じで。。。。

ま、私は茹ですぎたのが原因なのだと思いますが、
この節が茹でている時に爆発したのです。

パンパンとはじけて、熱湯が飛んで来ました。w
    あぶな~い。

なので、念のため、節を閉じることが無いよう切りました。
     P4241786.jpg


茹でると言うよりも、お湯に浸ける程度なのだそうです。
それを、色が変わるまで、何度かお湯を変えて繰り返す。

それで、茹ですぎることもなく、苦みも無くなる・・・・と言う訳です。

ちなみに、うさくまは、たっぷりのお湯に約30秒浸し、お水に浸ける。
3度繰り返し、少し太めの物は+1 の4度
そこで、少し食べてみましたが、微妙な酸味が。
でも、まだ味付けもあるし、これなら大丈夫か?と茹でるのを終了。
シャキシャキ感は完璧。

その後、お水を時々変えながら丸1日お水に浸しました。

翌日は味付けです。

味付け方法は、油でさっと炒めた後、あらかじめ混ぜて置いた砂糖、醤油を入れる。

むむむ・・・・急ぎすぎた??????
わかりません。
味のしみ方が、イマイチ・・・・って事で、少し煮ました。
まだ、大丈夫そうだったので。w
この加減・・・・・次には通用しないよ。w

でも、とりあえず。やっとやっと完成しました。
     P4261791.jpg
長かった~~~

賢い主婦。かわいいおばぁちゃんになるには、道のりはまだまだ長いです。
とりあえず、今年分は完成。
出来上がったものは、もう少し茹でても良かった感じ・・・・

そこで、茹でたら、失敗につながるかも・・・・
感と経験が強く物言う料理って事ですね。

はぁ~
経験が浅いので、記録として長々と残しました。
ここまで読んで頂けた方・・・・
お付き合いありがとうございました。








スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top